2006年04月27日

Plaggerでフィードをエントリごとに分割してGmailに送る


※このエントリで紹介しているパッチはすでに不要になっているので注意。

普段、Bloglinesに登録しているフィードをGmailに送っているのだが、エントリごとに分割して送っている設定例が見つからなかったので、自分の設定例をさらしてみる。

- module: Subscription::Bloglines
config:
username: sample@sample.com
password: pass
mark_read: 1
fetch_meta: 1

- module: Filter::BreakEntriesToFeeds

- module: Filter::HatenaBookmarkUsersCount
- module: Widget::HatenaBookmarkUsersCount

- module: Filter::StripRSSAd

BreakEntriesToFeedsモジュールを呼べばいいだけだ。要するに設定が簡単すぎるから、設定例が見つからなかったのかもしれない。この例では、ついでに、はてなブックマークのブックマーク数を追加して、RSS広告を削除している。

先日、Plaggerでメールの件名をエントリのタイトルにする場当たりパッチを載せておいたが、エントリごとに分割する場合には、Fromと件名が両方ともエントリのタイトルになってしまう。そこで、私は次のパッチも当てて使っている。

--- BreakEntriesToFeeds.org Tue Apr 11 05:34:04 2006
+++ BreakEntriesToFeeds.pm Mon Apr 24 12:45:01 2006
@@ -17,7 +17,7 @@
my $feed = $args->{feed}->clone;
$feed->clear_entries;
$feed->add_entry($args->{entry});
- $feed->title($args->{entry}->title);
+# $feed->title($args->{entry}->title);

push @{$self->{feeds}}, $feed;
}

このパッチを当てると、

From: フィード名
件名: エントリのタイトル

という形で送られるようになるはずだ。

ひとつのエントリが一行になるので、Gmailでの見通しがよくなる気がするがどうだろう。ただ、油断していると未読があっという間に200、300になるので注意。

と、ここでお決まりの文句を。

くれぐれも自己責任でどうぞ。


2006/10/2 追記。

Filter::BreakEntriesToFeedsにuse_entry_titleが追加され、このパッチは必要なくなった。

posted by cuckoo at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | plagger
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。