2010年04月19日

sinatra on GAE/JRubyでAmazonの価格チェッカーを作ってみた


以前、アカウントだけ取って放置したあったGoogle App Engineで、Amazonの価格を定期的にチェックする仕組みをサービス化してみた。

私はよくAmazonのマーケットプレイスで本を買っているけど、もう少し価格が下ったら買おうと思ったものは、ことごとく忘れてしまって、後で後悔したりする。
価格チェッカーの類いを調べてみても、会員登録が面倒だったり、せどり用なものが多くて、気軽に使えるものがなく、結局自分用に作ってみた。
もともと自分用だったけど、周囲の評判も良いので、デザインを再設計して公開してみることにした。

マケプレ・フラグ

検索ボックスで商品を検索して、商品ページを開き、メールアドレスを入力して希望の割引率を選ぶだけ。
一度利用すればメールアドレスは入力済みになっているので、商品ページを開いて割引率を選ぶだけの2ステップで登録できる。
ブックマークレットも用意してAmazonの商品詳細ページからも一発で利用できるようにした。

ちなみに、このサービスはsinatra on GAE/JRubyという構成で作ってみた。
GAEはしょっちゅうスピンダウンされてしまうため、スピンアップの時間がばかにならない。
Rubyで作りたいってだけで余分なフレームワークを挟んでしまったのを後悔したのは秘密。

あまりよくないことだが、cronで定期的にurlを叩いてスピンダウンしないようにしている。

さて、次は何を作ろうかな。

posted by cuckoo at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。