2006年04月24日

PlaggerでGmailへのメールの件名をエントリのタイトルにする場当たりパッチ

私の場合、今やPlaggerは情報収集に欠かせないものになっているのだが、Gmailにフィードを送ると、メールのFromと件名の両方にフィードのタイトルが入る。一般的には、これでいいと思うのだが、個人的には、メールの件名には最初のエントリのタイトルが入っているほうが都合がいいので、場当たり的なパッチを当ててみた。

--- Gmail.org   Sat Apr 01 08:12:30 2006
+++ Gmail.pm Mon Apr 24 13:29:46 2006
@@ -43,7 +43,7 @@
my($self, $context, $args) = @_;

my $feed = $args->{feed};
- my $subject = $feed->title || '(no-title)';
+ my $subject = ($feed->entries)[0]->title || '(no-title)';
my $body = $self->templatize($context, $feed);

my $cfg = $self->conf;


適用前
From: ITmedia エンタープライズ 最新記事一覧
件名: ITmedia エンタープライズ 最新記事一覧

適用後
From: ITmedia エンタープライズ 最新記事一覧
件名: ビジネスマンが最も評価するブランドは?

一応、注意。このパッチは個人的なカスタマイズのために作ったので、パッチを当てるなら自己責任でと言っておく。


2006/10/2 追記。

だいぶ前の話になってしまうのだが、Filter::BreakEntriesToFeedsにuse_entry_titleが追加されたので、このパッチは必要なくなった。
エントリのタイトルにする場合には、次のように指定すればいい。

  - module: Filter::BreakEntriesToFeeds
config:
use_entry_title: 1



2006/10/3 さらに追記。

use_entry_titleを指定するとFromと件名の両方がエントリのタイトルになってしまうので、このパッチはまだ必要だった。
use_entry_titleを指定しないでパッチを当てると、上記の適用後の状態と同じになる。
posted by cuckoo at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | plagger
タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。